ビックリするぐらいに放りっぱなしだったインド旅行記
スミマセン・・・
過去の記事はコチラです
南インドの大自然に癒されていた旅もコーチンでは予想以上に都会でデリーで感じた車の多さでした。
今日もリキシャーに乗って町を移動します
朝はホテルのブッフェで腹ごしらえ
ウップマのココナッツが主張し過ぎて若干胸焼け(涙)

朝食後は仲良くなったフロントマンとツアーデスクの女性と雑談。
私の名前をマリヤラム語とサンスクリット語で書いてもらい、お礼にフロントマンの名前を私が漢字でかいてあげました。
すっごく喜んでくれてたな〜
ツアーデスクの女性に、皆が普段行くスーパーや、アーユルヴェーダの薬局などを教えてもらいました。

こちらはクリニック


薬局のスタッフに彼女が書いてくれたメモを見せて彼女のオススメのオイルを購入しました
その中の一つがこれ
クンクマディオイル

サフランのオイル
美容のオイルです!
アンチエイジングオイルとしては最高級美容液と言われています!
でもね、夜付けて寝ると・・・
寝具がサフラン色に染まってしまうのですよ〜
枕にタオル必須です!!

そして市場も行きましたよ〜
マリヤラム語が何て書いてあるか分からなくて残念!

バナナチップ


右手にね、6本ぐらいバナナ持ってるんですよ!
写真撮るよ〜って構えたら、待てって準備しだして、得意顔〜


その後はスーパーへ。
現地価格でサプリメントとか、非加熱の蜂蜜とか、スパイスとか・・・
買いあさりました(^^)

そして小腹が空いて
屋台を発見!

そういえばこっちに来てサモサ食べてないな〜って事でサモサをオーダーしました!
すると、おっちゃん
おもむろに2つサモサをまな板に乗せ
包丁でざく切りに!

甘いソースやら辛いソース、最後にベビースターみたいなのをかけて

いかにもジャンキー!
でもね、これがこの旅で食べたご飯の中で一番感動的っていうか、まず今度インドに行ったらコレ食べたい!
そして、私たちのすぐ後に来たインド人の女の子2人がオーダーしたのはこちら
マニプリ?って言ってた気がする
パリパリの生地に穴を空けて、写真右下の緑色のスープをドボドボ〜って穴の中に入れて
甘辛いソースとタマネギたっぷりで食べてたな

1つ食べては1つお皿に乗せてくれて、ひとり6〜8個くらい食べてました。
あんまりにも私が食いついて何だ何だって聞いたから、私も1ついただいちゃいました

これもとっても美味しかった〜
帰国した後に、他の人のブログ読んだら、コレ食べたらお腹壊すみたいな事書いてあったけど全然平気でした〜

買い物もして、美味しいものもいっぱい食べて
本当に楽しい、インド人に助けられっぱなしの旅でした
皆さんありがとうございました。

さて、荷造りをしてクリニックに移動です。

初めての列車の旅です。

今回は弱虫な私は4人部屋の個室でファーストクラスを取りました。
でもね、甘かった・・・
個室だから良いってもんじゃないですね
だってね、私と友達以外の2席はね
大きなガタイのいいインド人男性だったんですよ(涙)
何かあった時、個室が仇になるんじゃないかな???

私は下で、インド人が上で寝ていました。
まあ、でもやっぱりファーストクラスに乗るインド人です。
とってもハイクラスなおじさま
お一人はサンスクリット語の学者さんでした

いや〜列車の旅は上級者ですよ。
座席表は列車の入り口にペラっと貼ってあって
自分の名前を探して乗り込まないといけないんですけどね

ファーストクラスの車両に私たちの名前がない〜〜〜(涙)

あれっ?あれっ?ってなってるうちに
なんと・・・
列車動き出したよ〜!!!

動いている列車に飛び乗ったの初めてですよ
南米でもそんなこと無かったのに〜

とりあえず、座席(部屋)が分からないので通路に立ち尽くしていると
車掌さんがチケット確認に来て
「あ、抜けてるね」
って部屋まで連れて行ってくれました
助かった〜

インドの旅。
毎日毎日いろいろありますね
いい経験です
最後の最後までドキドキの旅でした。
最後に列車を待っている時に仲良くなったファミリー

インド滞在6日目。

本当ならコーチンは宿泊なしで夜行列車までの時間を過ごす予定だったんですが、
流されるように、スムーズにここまでたどり着いて
ラッキーなことに1日時間が出来たので
やっぱ、行くでしょ!

ショッピング!!!

まずは早起きしてフォート・コーチンへ
「コーチン」は4つの地区からなっていて、内陸部分のエルナクラム(外から来るとここに着きます)、人工の島ウィリンドン島、
半島部分にあるフォート・コーチンとマッタンチェリー
フォート・コーチンには買い物ができるエリアがあります。
アーユルヴェーダのセンターやホームステイが出来る施設もあって日本人も沢山行ってるんじゃないかな?

インドに来てやっとリキシャにも乗ったよ。
懐かしい



ちょうど船が出るところに滑り込んで、あっという間にフォート・コーチン上陸。

昨日は晩ご飯食べてなかったしね
まずは腹ごしらえ。
ふらっと立ち寄ったホテルの朝食。
最初に出てきたスイカジュース

これがね、この旅で飲んだジュースの中で一番美味しかった!


お腹が満たされたら歩いて・見て・買って

あっちやこっちで洋服やスパイスを見ました
有名なチャイニーズ・フィッシングネット
も見てね。

そろそろ戻らないといけない時間!
あわてて引き返すけれど、ランチは食べないとねっていうことで私が大好きなHOTEL!
インドではレストランの事、HOTELって言いますよね?
インドでHOTELに入れば、現地の人が食べるミールスにありつける!
美食家が集まるケララのHOTEL
美味しくないはずがナイ!

バナナの葉っぱに色んなものが乗せられていきます
もうこれ以上私の胃袋が我慢できなくて食べ始めちゃったから途中までの写真だけど、ここから更に
バターミルク、アチャール、クートゥがやってきました!
2ラウンドしてもうお腹いっぱい!
気持ちはまだまだ食べたいけど、もう無理〜

やっぱりインドに来たらHOTELに入らないとね

この後は急いでエルナクラムに帰らなくちゃ!
昨日はとりあえずのホテルに泊まったんだけど、今日はどうしても泊まりたいホテルがあるんです。

飛行機で出会った坂本さん。
覚えてますか?
実はコーチンのHotel Presidency の中に
「TOKYO BAY」
っていう日本料理レストランをオープンしたんです。

オープンが4月の始めで、私たちが行った時にはまだオープンしてなかったんだけど、
坂本さんが私たちが訪ねたら何か食べさせてあげてねって、言ってくれて

インド人スタッフのトレーニング中で忙しいのに、しかも私たちがいつ来るかわからない状態なのに。
何もなくてごめんね〜って言いながらうどんを作ってくれました
久しぶりの出汁の味。
やっぱり美味しい!

ビルの7階だから眺めもとても綺麗だし、お店も広くで味ももちろん日本の味。
なんたってシェフは西岡さん。
日本人なんだもの!

コーチンに行った際は是非。西岡さんに会いに行ってくださいね!

そしてホテルにもチェックイン。

シーズンオフに入ったから4,500ルピーのところを3,000ルピーで
しかも、坂本さんの紹介って言ったら1ランクアップしたお部屋に通してくれました!
坂本さん、ありがとうございます〜!!

明日は夜行列車。今日は広々とした綺麗なお部屋でゆっくり過ごします

明日は何をしようかな・・・

インド滞在5日目
(昨日の日記はコチラ

早いな〜

今日は朝早くホテルを出てクイロンに向かいますよー!
ケララを味わうにはコレっていう

バックウォーター・ツアー


本当は昨日のうちにクイロンに行く予定だったんだけど、ドライバーのカンナンさんが、ヴァルカラからクイロンまでは1時間もかからないし、
クイロンはホテルが高いから当日の朝行きなさい!
ってアドバイスしてくれたんです。

優しい!カンナンさん。

しかもホテルのオーナーさんがバックウォーターツアーに行くって言ったら、
「もう、シーズンオフに入ったんじゃないのか?」
っていってすぐに電話をかけてツアーがあるか確認してくれて。
なんていう行動力!
ササってやってくれるんです。

もし何かあったらこの番号に電話しなさいって名刺もくれて。

この名刺がどんだけ役に立ったか!!!

新しいドライバーさんの車でまたもチャイスタンドに寄りながら本当に1時間弱でクイロンの船着き場にやってきました。

荷物を降ろしてもらっている間。私は他の事をしてて、しばらくしてふと気付くと、

私のスーツケースがないぃーーーーーー

タクシーのドライバーさん、荷物1つ降ろし忘れてるーーーーーimage0224.gif
インドに来て初めてのハプニング!!!!

アタフタアタフタ・・・

するとね、顔面蒼白の私の異変に気付いたインド人達。
寄ってくる寄ってくる。

みんな、どうしたんだ?どうしたんだってね

事情を説明してホテルのオーナーさんの名刺を渡すと私の手から名刺を奪い取るようにしてすぐに電話をかけてくれました。

その間、他の皆が

「心配しなくていいよ」
「時間はあるからリラックスしなさい」
「彼がちゃんと連絡してくれてるから大丈夫」
ってね、

ドライバーさんと連絡がついて私がありがとー!ってお礼を言うと

「ありがとうなんて言わなくて良い。当たり前のことだよ」
「これくらい当然だよ」
「もう大丈夫、座ってなってなさい」

って。

インド人、優しすぎるー!
世話好きー!

ほんと、こっちに来て嫌なインド人に出会ってないんです。

タクシーから無事私の荷物が戻ってくると、電話してくれた彼はヒーローになってて、みんなと抱き合って握手してたました。

ほんと、インド人に助けられっぱなし。
ありがとう。

朝からドキドキを体験した後はいよいよ
バックウォーター


クイロンから北上してアレッピーまで8時間の船旅。
さすがにシーズンオフに近づいてるからね、乗客は11人だったかな



現地の人の生活を垣間見ながら進んでいきます



こんな立派なボートもあります


そろそろお腹が空いたな〜ってころ
お昼は寄港してレストランへ。

ケララスタイルのミールス
なにやらここで結婚式があったみたいで賑やかです

途中、ビックリするほど周りに馴染んでない大きな建物がそびえ立ってます・・・


マンションか、ホテルか・・・
と思いきや
あの有名なアンマのアシュラムでした


アンマのアシュラム・・・立派過ぎる・・・

そして3時のおやつタイム
バナナフリッターとチャイを頂きました



乗客が少なくて自由に席を移動できたこともあってとってものんびりとした時間を過ごせて良かった〜

オチャメな船長さん






途中、少しスコールがあってとても幻想的でした。

そうこうしているうちにアレッピーに到着

この船で出会った日本人の女の子2人がアレッピーからコーチンまでタクシーで移動するというので便乗!
ラッキー

皆のアドバイスのおかげで、流されるように
とってもスムーズに予定より1日早くコーチンへとやってきました。

今日も1日本当に守られてたな。
ありがとう

さてさてインドに来て4日目
(昨日の日記はコチラ

朝早く起きてビーチ沿いを歩きました。
朝のビーチ、気持ちいい〜

皆、ヨガしてる

現地のインド人達も自然と朝はヨガ。

彼らたち、リキシャーマンなんだけど、朝自然と集まってきて呼吸とともに身体を動かしたり、トリコナアーサナしたり(凄く綺麗だった!)
自由気ままに、さりげなくする朝のヨガ。
様になってました

朝食はコレ。

インドにきて絶対食べたかったプットゥー
南インドでもケララ州独特の朝ごはんメニュー
スリランカにもあるみたい
日本では食べられない一品(食べられるところがあったら教えて欲しい)

満足満足。

隣に座ったフランス人カップルもプットゥーを頼んだけど、食べ方が分からず、しっかりレクチャーしましたよ!

気なる方はぜひ、私と一緒にケララに行きましょう



そして、海岸沿いにスパイスマーケットを発見!
ヴァルカラビーチはもうシーズンオフに入ったところで、観光客もとっても少なく、
他のお客さんが誰もいなかったので店員さんに根掘り葉掘り聞いて買い物できました。
ここで買ったのは
カレーリーフ

ターメリッククリーム

サンダルパウダー

他にも、マッサージオイルなど色々買いました。

夕方スナックを摘まみながらガイドブックとにらめっこ

パイナップル・ラッシー
ベジタブル・パコラ


そして THE JUICE SHACK で Sharja っていうのを飲んだよ。
この素敵なおじ様。「ウメーシュ」っていう名前。
僕の名前は日本のお酒の名前なんだ!って嬉しそうだったな。

ナッツのコクと、カルダモンがアクセントでとっても美味しかった〜

これは是非再現しよう!

今日1日でだいぶ荷物が増えたな〜
明日は移動。パッキング頑張らなくちゃ!


こんばんは
なかなかブログがアップ出来なくてすみません(汗)
インド旅行記、昨日の出来事はコチラ


ここまで移動移動でちょっとお疲れ。
懐かしのコヴァーラム、もっと居たいけど2時間ほど北上したヴァルカラビーチに移動することにしました。
カンナンさんが迎えに来てくるから安心です

きれいにお掃除された車でお迎えに来てくれました。

日中は暑いから午前中に移動。2時間ってあっという間。
景色を眺めながら途中、チャイスタンドに寄ってもらいました。


日本では考えられないくらいの甘さ。
でもこの暑さにはピッタリ!

日本に帰ってもこの甘さ再現しちゃうんだろうな

そしてそして、やって来たよヴァルカラ・ビーチ!

わ〜お!絶景です
反対側から見ると・・・
ヴァルカラは日本のガイドブックには載ってないのかな?
日本人には会いませんでした。

ホテルの決まっていない私たち。
カンナンさんがお友達の経営しているホテルを紹介してくれました。
ホテルはコチラ



とっても清潔で水圧も強く、お勧めのホテル。
1泊750ルピー(2人で)、日本円で¥1,275でしたよ

あ、ハンモックに獲物が掛っているのは気にしないでね(汗)

さっそく散策。

ここは崖のようになっていて崖沿いにホテルやお店が並んでいるの。
ヨガやアーユルヴェーダも体験できます。

昨日までバタバタしていたので今日の午後はゆっくり過ごして晩ご飯へ!

お店の前にはどこもこんな感じ

治療前なのにね。
食べちゃうよー!

魚!!
フィッシュカリー

チキンビリヤニ


ライタ
ベジタブル・モモ
生まれて初めて食べるモモ
これが合っているのかは分からず。友達いわくソースがカレーだね。って
インド風モモだね。
マサラチャイ


これだけ食べて410ルピー、670円
やっす〜
とっても美味しかった。ごちそうさま

今日はとっても暑くて焼けた気がする・・・
お腹いっぱい幸せ気分で今日もおやすみなさい
また明日

すっかり間が空いてしまいましたね
昨日の出来事はコチラ


さてさて長い移動を経て
懐かしの地に戻ってきた私
ビーチ沿いのホテルで朝ごはん
波の音と潮の匂い。
早口のインド人・・・

は〜落ち着く。

今回お世話になったホテルはコチラ




とっても清潔なホテルでしたよ
友達とツインのお部屋、エアコン付き(必要ないけど・・・)
テレビもあったかな?(見なかったから記憶にないけどあったと思う)

ほんとにビーチ沿いだったから波の音も聞こえてとっても良いホテルだった〜

まずはビーチをお散歩。
すると私の前を歩いていたおじさま、さりげなく


すっとポーズに入って5分位このままだったな
なんか良いよね

そしてここに来るとやっぱりこれでしょ!

朝の漁。

4年前の朝も同じ風景

4年前より船が軽量化されたような気がする・・・


私は朝食も料金に含まれていたの。
たくさんのメニューがあったけど
私が選んだのはもちろんインディアンスタイル



プーリー


ポテトマサラ


これにチャイと食前にパイナップルジュース

がついて満足満足o0020002010485478600.gif

朝食の後はちょっぴりお出かけ
私には行かないといけない所があって・・・

そもそも、今回何でここに戻ってきたかというと・・・

4年前にセラピストのとレーニングを受けたセンターに挨拶に来たかったからDIMG0135001.gif
4年前に私の通訳やトレーニングでお世話になったyumiさんに会いたかったのpic-0119.gif

yumiさんと無事に再会したよーo0020002010368036010.gif
お互い変わってないね、なんて話をして。

ここからがまた素敵な出会いの始まり。
yumiさんが呼んでくれたタクシードライバーのカンナンさん
彼が町まで買い物に連れて行ってくれました

有名なジューススタンド


マンゴーシェイク美味し過ぎる!!!(私の顔、白!!)


ジュースを作ってくれたハンサム君達。
カメラを向けると手を止めてキメポーズ


☆可愛い服や、ハーブなどを売っているファブインディア
☆大きな布のデパート、
☆ビックバザール(伊勢丹みないなスーパー)
  またまた食器類を買ってしまった・・・

そして最後はアーユルヴェーディックな薬局



カンナンさん、全部で7時間ぐらいかな、ず〜っと付き合ってくれたの。
暑いのにね、ニコニコしながら大丈夫だよって

これでもかって位に買い物しちゃった
あ、サロン用ですよ(汗)

ホテルに帰ってから、yumiさんと一緒にご飯を食べて、
4年分の色んな話ができて良かった〜!
yumiさん、ありがとう!


明日は早くも次の地に移動。
またまたカンナンさんのお世話になります

長い移動を終えて無事ホテルにチェックイン。

ゆっくりなんてしてられない!
次の日には直ぐにトリヴァンドラムに移動だから
フライトまでの時間で私たちに与えられた自由時間は3時間。

寝不足なんて気にせずに頑張りましたよ!
相変わらず、鳴りやまないクラクションの嵐だったけど、駆け足でデリーを堪能しました

インドの可愛い生地のお洋服や小物が置いてある
ANOKHI
Fabindia

むむむ・・・
途中なにやらお尻が!


そう優雅に歩く象さま




子供たちを乗せてお散歩中でした。
とっても優しい目をしていました

デリー最後のお楽しみはチャイ





このびっくりするくらい甘〜いチャイがこの国にはピッタリ。
心も、頭も、身体もホワ〜っと緩みました


濃厚なデリー滞在を満喫しました。

やっぱり女子は買い物よね

ホテルに戻って急いでパッキングして空港へ。

やっと目的の場所トリヴァンドラムへ〜!

・・・

・・・

・・。

昨日の悪夢再来です!!!
なんとデリー→トリヴァンドラムの飛行機もコーチンを経由するなんて!
なかなか目的地には行かせてくれないのね

でもこの飛行機ではとっても素晴らしい出会いがありました。
日本人男性、坂本さんとの出会いです。
この出会いが私たちの旅をスムーズに、より素晴らしいものにしてくれました。
ここから私たちの守られた旅が始まった気がします。
それはまた後ほど。

コーチンでまた荷物のチェックやら清掃やら・・・隣の席のインド人とのコミュニケーション、周りの席の人たちとの記念写真などを楽しみながら
やってきましたトリヴァンドラム!
コヴァーラムビーチ!!!

4年前に滞在していたこの地。帰ってきたって感じです。
デリーで体験したエネルギッシュな町とは違って、穏やかな時間が流れています。
ホッとする。

は〜ただいま。

日本から何時間かかってきたんだろう。
しばし旅の疲れを癒したいと思います。

今回の旅は本当に守られていました



久振りの自由旅行。
自分で飛行機のチケットを取るのも何年ぶりだろう。
スムーズにトリヴァンドラムに入れるシンガポールエアラインは満席で取れなかったので初めてのエアインディアを予約。

ま〜これが長旅の始まり。

関空→デリー
デリー→トリヴァンドラム
という流れで行くチケット。デリーでのトランジットは丸1日
それだけでも気が遠くなる話。

でももっと凄いのがね
まずは関空からデリーに向かって飛んで行くんだけど、香港を経由。
香港って遠かったんですね。
3時間ぐらいで着くだろうなんて甘く見ていたら5時間もかかって。
そして香港に着くとデリーまで行く人は機内に残ったまま
荷物の乗り降り、香港からのお客さんの搭乗を待ちます。

飛行機の中では空調が切られ、清掃が始まり、セキュリティーチェックの為、頭上の荷物一つ一つが誰の持ち物かチェックしてシールを貼ります。
この作業がね、なんと3時間。
飛んでない飛行機の中の3時間って長いんですよ・・・

でもそれはそれで乗客同士、通路に出て、伸びをしたり、話をしたり、なんだか一体感っていうか、皆仲良くなって
とっても良い経験。

香港を無事に飛び立った私たち。関空から13時間のフライトを終えて無事にデリーに到着。

あ〜長かった

頼んであったホテルからのお迎えもちゃんと来てくれてホッ。

やっぱりデリーは凄いね!
夜遅かったのに道端に人が溢れ返っていて、どう見ても3車線の車道を4列にも5列にもなって走ってる。
そんなんだから車たち、勿論ごった返してこっちでもあっちでも

プープープープー

クラクションの嵐。
エネルギーと埃とクラクション。
これが私のデリーの印象

インド。
どんな旅が待ってるのかな・・・

今回のインドの最大の目的はパンチャカルマ

パンチャカルマっていうのはね大雑把にいうとエネルギーレベルでのデトックス。

4年前に受けた施術では高校時代からの悩みの種だった便秘がピターッ!!って治っちゃったんです
私がアーユルヴェーダに嵌ったキッカケ。

インドに行くまでに「便秘に良い」と言われる食べ物は殆ど試したし、いろ〜んなことをしたけれど治らなかった頑固な便秘。
それが、2週間治療を受けた事で改善されちゃうなんて・・・(効果のほどは人によると思うのでご容赦くださいね)

凄いものに出会っちゃった!

それでもこの4年の間にお肉やお魚、農薬、ジャンクフード、添加物たっぷりのお菓子。
震災や放射能。過剰な情報

沢山の余分なものを溜め込んだ私。
3週間かけてデトックス

日本では何となく調子が悪いとビタミン剤やその他のサプリメント。
すぐに良いものを補おうとするけれど、アーユルヴェーダは逆の考え。

一度まっさらな状態に戻してから、その人に必要なものを入れていくの。
汚れた布を染めようとしても奇麗な色にはならない。まずは真っ白に漂泊してから綺麗な色に染めていく感じ。

アーユルヴェーダは日本ではエステ感覚で認知されてしまっているけど、インドではれっきとした医学。
そのなかでも病気にならないようにする予防医学が優れていると思うんです。

体の中にヘドロのようにこびり付いたベトベト汚れ。放っておくと管を詰まらせて病気が発生してしまう。
私たちの体、ベトベト汚れが溜まってくると色んな症状が出てくるの。

なんだか身体が重い
最近疲れが取れにくい
夜中何度も目が覚める
顔色がさえない

みんな、こんな症状を
「年のせい・・・」
って片づけてないですか??

それは違いますよ!!

汚れが溜まっているサイン。
これが進むと次に

「便秘」
「肩こり」
「不眠症」
「頭痛」

みたいにもう病名がつく症状になってる

これって病気Image0144.gif

私はよく周りの人に健康そうでいいね!って言われるけどね
今回も治療に行くって行ったら皆に

「どこも悪くなさそうなのに何で?」

ってびっくりされたけど
きっとね、病気に対するボーダーラインが違うと思うんです。

日本にいたら食事も睡眠も決まった時間に取れないし、売ってるものは何が入っているか分からない国。
きっと体に悪いあ〜んなものやこんなもの
知らない間に溜め込んでる。

この間も話していたんだけど、この体の中の余分なものを絡み取る行為が放射能の排出にとても効果があって、今の日本人に必要なことなんじゃないかってね

皆にも是非このデトックスを受けてほしいな。

きっと心も体もスッキリしますよ

そんな私の強い願い。
実現しそうpic-0119.gif
近々シャンティから皆で南インドでデトックスツアーしませんか?

そんなことを考えてニヤニヤしてる私DIMG0135001.gif

みんな、会社を休む心の準備しておいてね!
楽しみだな

santih

みなさま
お待たせしました。
日本を発ってから濃厚な毎日を過ごしていました。
今やっと、心も体も全てが落ち着いてパソコンの前に座っています。

でもね、今日まで毎日が困難だった訳ではないんですよ。それどころか良いことばっかり。

今回のインド行きは呼ばれるようにして来ただけあって、こっちに来てからも導かれるように毎日を過ごしていました。
沢山の人が守ってくれていました。

何から書けばいいのか整理できないくらい。。。

旅の日記はまた少しずつまとめて書いていきたいと思います。

今回のインドでの大きな目的はパンチャカルマを受けること。
4年振りに受けるパンチャカルマ。
この4年の間に、食べ物、農薬、添加物、震災、放射能。。。
色々なことに影響を受け、私の体もたくさんの余分なものを溜め込んでいます。
その溜め込んだ毒素を3週間で大掃除。

4月1日のお昼にAyurveda Hospitalに入りました。
この病院は町にある たった一つの診療所といった感じで診察室にはひっきりなしに患者さんがやってきます。

そんな中、私が入院しているパンチャカルマセンターには7人の患者さんが入っています。
ドクターのお母さんがご飯を作ってくれて、お父さんは治療をしたり、ご飯を作ったり、掃除をしたり、薪を用意したり、すべてをサポートしてくれます。
アシスタントの女の子が2人。施術のアシスタント、お掃除をとても丁寧にしてくれます。
油で汚れたお部屋の床もとても丁寧に膝をついて磨いてくれます。
おかげで毎日とても気持ちよく過ごさせてもらっています。

1つのテーブルで皆でご飯を食べて、お散歩に出かけたり、家族のように過ごしています。
お母さんの作るご飯はとっても美味しくて、しかも、どんどん継ぎ足しに来てくれるから、毒出しに来ているのに太って帰りそうです。

庭で作った野菜や庭に生えているヤシの木から落ちてくるココナッツ、
歩いて5分ほどにある川から引いたお水。
新鮮な食材で作りたてのご飯を沢山の家族で美味しくいただく
それだけで細胞一つ一つが幸せになります。

そんな環境でこれから3週間過ごしていきたいと思います

治療が始まって今日で3日目。
治療は朝6時から始まります。その後はご飯を食べるか、寝ているか、本を読むか・・・
かなり筋力が落ちた気がします。そしてオイルをたっぷり吸収した体はとても重たくだるいです。

「何もしないことを味わう」

そんな毎日です。
明日からは更に薬草を煎じたギーの内服も始まるので
次の更新はスッキリ毒出しが終わった後で。


santih


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ア−ユルヴェーダサロン 〜シャンティ〜

アーユルヴェーダの理論に日本伝統食文化である「麹」の力を取り入れる事で日本人の体に合った、無理なく健康に美しくなる方法「和〜ゆるヴェーダ」を提唱 Ayurvedic Healing Salon Santih

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カレーリーフの実を収穫しました
    takosu
  • 2014年☆ヨガ&アーユルヴェーダリトリート
    コピーブランドバッグ
  • アーユルヴェーダオイル、ビワオイルが出来るまで・・・
    森 美己子
  • 【単発講座】アーユルヴェーダで命を育む
    森下大介
  • ヴァルカラビーチ へ
    mango
  • フィッシャーマンズ・ビレッジ
    Yuri
  • 念願のマサラワーラーに会ったどー!
    リンゴ
  • 念願のマサラワーラーに会ったどー!
    Santih
  • 念願のマサラワーラーに会ったどー!
    マサラワーラーの武田ワーラ=
  • スパイス歯磨きペースト
    Santih

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM